自己処理の落とし穴

自己処理の落とし穴

無駄毛処理を自宅で行うときのデメリットや問題点について考えてみましょう。
まず第一に、自分で処理しにくい箇所についてはしっかりと処理できないということがあります。
例えば、背中やうなじ、デリケートゾーンなどです。
皮膚の薄いところなどは、失敗すると怪我をしてしまうことにもなりかねません。

 

次に、肌が荒れるということです。
皮膚の表面をどうしても削ってしまったりするので、肌が敏感になります。
カミソリに関してはこのようなデメリットがありますが、毛抜きについてはもっとデメリットだらけなのです・・・。

 

毛抜きは無駄毛処理をしている実感があるとは思いますが、毛穴にかなり無理をさせています。
毛穴から雑菌が侵入したりする可能性もありますし、毛穴の中で無駄毛が育ってしまうトラブルにもなりかねません。
毛穴がポツポツしてしまう可能性があるので、無駄毛が無くなっても肌がきれいではないことが多いようです。
この毛穴のポツポツはなかなか直りませんから、まずはそういう状態にしないことが大切です。
毛抜きは一番肌トラブルになりやすいとは思います。

 

結局、すぐに無駄毛が生えてくるということもあって、毛抜きやカミソリの処理はあまりおススメできませんね。
急いで無駄毛処理をしなくてはならない時に、カミソリやシェーバーを使うことはあっても、日ごろからの無駄毛処理にはどうかなと思います。